スポンサードリンク

メタボ検診(健診)とはメタボリックシンドロームの検査

メタボ検診という言葉を聞いた事がありますでしょうか?。

メタボリックシンドロームや生活習慣病等、あまり積極的に治療しようとしない病気を主に検診を行って、指導しながら改善を行うという事になるんですね。

この2008年4月から実施される、特定健康診査及び特定保険指導の事をメタボ検診といっています。

メタボ検診は、国民健康保険を運営管理する市区町村、企業の健康保険組合などで採用が義務付けられ、40歳から74歳の健康保険加入者は必ず受けることになります。

その検査項目は、腹囲、血圧、血糖値、コレステロール値、それぞれの基準値を上回った場合、指導されます。

メタボ検診とは、いままでの健康診断から一歩踏み込んだ検診といえますね。最近の日本は、食事の欧米化、運動不足、肥満体質、隠れ肥満の人が急激に増えてきています。肥満は健康と対極にある状態で、生活習慣病の元になるんですね。

軽度の状態で発見、予防、治療するため検診を義務化するということになります。

メタボ検診の内容ですが検査するのは、腹囲、血圧、血糖値、コレステロール値、の4項目になります。

@腹囲は、お腹のサイズを測って、脂肪の量を大まかに把握する検査を行います。

A血圧は、生活習慣病である高血圧の診断のため測定。

B血糖値は、糖尿病などの生活習慣病を診断する上で必要な指標で測定。

Cコレステロール値は、肥満や動脈硬化などの病気を診断するためや食生活の乱れを判断する材料として検査。

この項目で問題と判断されたら、医師、保健士、管理栄養士、といった専門家と面接を行って改善方法を一緒になって検討します。

関連キーワード:厚生労働省メタボリック

朝バナナダイエットのやり方

朝バナナダイエットが話題になっていて
スーパーマーケットなどの食品売り場では
売り切れが出ているところもあったりしました。

朝バナナダイエットなんですが
なぜここまで話題になったのでしょうか?

朝バナナダイエットのやりかたが、
みのもんたの「おもいっきりテレビ」で
紹介されたからなんです。
テレビの影響はとても大きいですね。

それでは朝バナナダイエットのやり方を
説明いたします。
メタボリックシンドローム対策にも
なると思いますので、試してみてはいかがでしょう。

まず朝食にはバナナを食べます。
その際には良く噛んでゆっくり食べる事。
自分の好みで食べる本数は選べます。
水分補給として、常温の水を飲みます。
バナナを食べ終えてから15〜30分後には
水以外の飲み物や食べ物をを補給してもいいです。
昼食、夕食は普通に取る。
間食もオッケーなので、朝バナナダイエットは
長続きしやすいです。
出来るなら就寝の4時間くらい前からは
食べないほうが良いです。
ただしお腹がすいて我慢できなかったら
果物を食べるようにします。
果物の種類は問いませんが一種類だけにして下さい。
バナナ、ならバナナだけ。
りんごならりんごだけと言う風にします。
朝バナナダイエットのやりかは
たったこれだけの簡単な方法です。

脂肪燃焼ビリーズブートキャンプ

脂肪燃焼メタボリック対策をしましょう。

いろんなダイエット法が紹介されていて、そのダイエット法を実行すれば脂肪燃焼し痩せるといって宣伝していますね。特に話題になったビリーズブートキャンプは脂肪燃焼させるのには最も適したダイエット法になるのかもしれませんね。

メタボリック予防には脂肪燃焼が欠かせませんし、ダイエットの本質ででもありますね。

脂肪燃焼させる脂肪というのは、どこに付いて、どうして脂肪になってしまったか、このことを分からず、メタボリックシンドローム予防や対策で、脂肪燃焼のためとダイエットが、たとえて成功したとしても、なぜ脂肪が付いてしまった理由が分からないと、またダイエットすることになってしまいます。

脂肪燃焼は、ダイエットでも難しいことは分かっていますが、しかしメタボリック対策には脂肪燃焼させていかない限り、ダイエットを成功させるのは困難になります。

メタボリック予防にと食事制限などでダイエットをする人がいますが、脂肪燃焼を考えダイエットをするなら、運動を中心としたダイエット法が最も適しているんですね。

ビリーズブートキャンプは非常に体力を使い、体も疲れますが、本気でメタボリックシンドローム対策に取り組むならとても良い教材になると思います。

人それぞれ燃焼させる脂肪の種類は違います。自分の身体に付いている脂肪はどの脂肪なのかを見極め、それらの脂肪燃焼を効果的にしていくことが、ダイエットで挫折しないためにも必要になりますね。

メタボリックシンドロームとは

メタボリックシンドロームとは、内臓に脂肪が多く蓄積して、「高血圧」「高血糖」「高脂血症」等の症状が複数出ることを言います。

「メタボリック」とは「代謝」という意味で、身体の代謝異常が起きていることを表しているんです。 メタボリックシンドロームは新しい考え方といえますね。

厚生労働省の発表によると、初の全国調査で、40歳から74歳の男性の2人に1人、女性の5人に1人が「メタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)」とその予備軍だったと公表しました。

メタボリックシンドロームは、症状がなく例え病気でなかったとしても、そのまま放置しておいた場合は将来、頭や心臓の血管の病気を起こす確率は、メタボリック症候群でない人と比べて2から3倍高くなると言われています。

それに、内臓の周りに脂肪が蓄積する内臓脂肪症候群「メタボリック・シンドローム」に陥ると、動脈硬化や糖尿病だけではなく、胃がんのリスクまでも高くなるということが、報告されています。

メタボリック シンドロームは心筋梗塞や脳卒中など、死に直結しやすい生活習慣病の要因になるといわれていますので、メタボリック シンドローム症候群対策は、早めにするようにしましょう。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。